コンテナで土地活用を始める前に知っておきたい固定資産税のこと!

土地活用として最近では、コンテナを活用した賃貸経営が人気を呼んでいます。

駐車場といった平面地では家やアパート、マンションを建てている土地よりは、固定資産財も割高になりますが、コンテナの場合はどうなるのでしょう?

今回は、固定資産税のかかるコンテナの種類について解説していきます。

固定資産税がかかる建築基準について

建築基準法では、固定資産税の対象となる物は、屋根があって四方を壁で囲まれている建物で地面に定着している物といった基準があります。

貨物用の船や列車、飛行機、列車に積むためのコンテナには、固定資産税はかかりません。

建築物としてコンテナハウスを建てる場合には、建設する前に設計図を役所に提出して建築確認申請を行うことが義務付けされているので、それを忘れないようにして下さい。

もしも建築確認申請をせずに勝手にコンテナハウスを建築していたら、いくら小さな小屋のような建物といっても、基本的に床面積が10㎡を超えたら建築確認申請が必要となってきます。

コンテナハウスの場合

コンテナハウスは、基本的には固定資産税がかかってきます。

車輪付きのコンテナの場合

車輪付きで車でけん引きできるトレーラーハウスのコンテナには、車のナンバーが振り当てられるので、固定資産税はかかってきませんが、自動車税がかかってきます。

壁によって固定資産税も変化する

コンテナハウス、コンテナガレージ、コンテナのテナントといった建物の場合には、屋根があって四方が壁で覆われている場合には、固定資産税がかかってきます。

シャッター付きのコンテナガレージで、通常シャッターは開けたままの状態でも、シャッターを閉じると四方が壁で覆われるとみなされて固定資産税がかかってきます。

屋根と二方、三方の壁だけのコンテナハウスやコンテナガレージ、コンテナのテナントの場合には固定資産税の対象外となります。

建築確認申請が必要かどうかを見極めるチェックポイントについて

これから建築確認申請が必要かどうか、といった基準を見極めるチェックポイントを下記にピックアップしていきます。

都市計画区域もしくは準都市計画区域、都市計画区域外

コンテナで土地活用を始める土地が、都市計画区域外であれば、建築確認申請は不要となります。

防火地域、準防火地域

コンテナで土地活用を始める土地が、防火地域、もしくは準防火地域に指定されていたら建築確認申請が必要となります。

もしも防火地域や準防火地域に小さなコンテナハウスやコンテナ倉庫などを建設する場合には、防火地域や準防火地域の基準を満たせるように不燃仕様で建設する必要があります。

広さが10㎡を超えるかどうか?

防火地域や準防火地域外で、広さが10㎡以内のコンテナハウスやコンテナ倉庫だったら、母屋の側に建築確認申請をしなくても建てることができます。

上記に紹介した建築確認申請のシステムも、各地域ごとの行政システムによって変化してくるので、コンテナで何か土地活用を始める前にしっかり確認しておいて下さい。

建築確認申請でチェックされる項目

建築確認申請でチェックされる項目としては、下記のような点があります。

  • 建築確認申請でチェックされるのは、その土地にコンテナ住宅やコンテナ倉庫、コンテナテナントが建てられるかどうか?
  • 道路に面しているかどうか?

国道や県道といった交通量の多い道路に面している土地に建てる建物の方が、固定資産税の評価額は高くなります。

  • 建物の大きさに問題がないかどうか?
  • 地震に耐えられるかどうか?

コンテナが地面に固定していなかったり、2段、3段に積み重ねたコンテナが崩れやすい構造だと、安全性の問題上、建築確認申請の許可が下りない場合があります。

建築基準に沿った土地活用の相談は、土地活用の専門業社に依頼すると、より良いプランをプレゼンテーションしてもらえます。

コンテナで土地活用を始める前に注意すべきこと!

もしもあなたがこれからコンテナで土地活用を始めようと計画しているのであれば、最初にコンテナを活用してどのような土地活用を行うのか?といったことを明確にする必要があります。

固定資産税がかかるからと壁の一面を取りはらったり、コンテナの大きさを10㎡未満にするためにぎりぎりに狭くしてしまうと、雨風ほこりが入ってくる、使いづらいといった理由で、借り手がなかなか見つからない場合もあります。

あくまでも借主側の立場に立ってから、その地域で需要の高そうなコンテナを立てることが大事です。

コンテナで土地活用を始める際にかかる初期投資費用や固定資産税や設備費などの経費、かかった費用の回収率といった運営上の経理の問題も、土地活用の専門業社に依頼すると細かくシュミレーションをしてもらえるので、是非相談してみて下さい。

固定資産税だけでコンテナの設計を決めないこと!

コンテナで土地活用を始めるためにと、コンテナにかかる固定資産税についての知識を蓄えていくことは大切ですが、固定資産税の費用をメインにコンテナでの土地活用法を決めていくと、コンテナの土地活用で稼ぐことから意識がそれていくので注意しましょう。

固定資産税はあくまでも必要経費です。

固定資産税やセキュリティ、デザイン費、リフォーム代といった必要経費を押さえることも大事ですが、まずはその土地で一番効率よく稼げるコンテナを設置することが大事です。

このようなコンテナを活用した土地活用のコツも土地活用の専門業社に相談すると良いアイデアを提供してもらえるので、是非相談してみて下さい。

土地活用一括査定
NTTグループが運営する、一括資料請求サイト「HOME4U土地活用」
業界最大手!不動産一括査定はHOME4Uを外せません。
土地活用の方法はアパート・マンションだけではありません。
様々な角度から土地の特性を考え検討するには、HOME4Uで資料請求が最善です。
【HOME4Uの特徴】

  1. 大手不動産会社と地元不動産会社の2つの視点でプランを比較
  2. 悪徳業者を徹底排除している
  3. 60秒で最大7社分の資料請求が可能!
  4. ご存知NTTグループが運営で安心

運営元もNTTグループで信頼があり、あなたの個人情報を確実に保護します。

もちろん完全無料で利用できるので、今すぐ資料請求を!

>>HOME4Uはこちらから

 

土地活用の無料プラン比較【イエカレ】
アパート経営マンション経営などをお考えの方に、土地活用プランを完全無料で一括比較。

複数の業者を一括で比較できるので、よりお得なプランを検討できます!

 

1億の資産作りませんか?

 

完全無料の一括査定はこちらから>>

 

グリーンエネルギーナビ太陽光発電の無料一括見積もり
近年、土地活用で注目されているソーラーパネルの一括見積もりです。
山林などを持て余している方は必見!産業用太陽光発電の一括見積もりができるサイト「グリーンエネルギーナビ産業用
産業用太陽光発電は発電した電力を固定の金額で売ることができ、その買取期間が20年と長く保証されていることから、注目されています。リスクも低く、投資対象としても非常に注目度が高まっております。「グリーンエネルギーナビ産業用」の特徴は、独自の基準で選定した、
全国の信頼できる会社から複数見積もりを無料でとれることです。複数社からの見積もりを比較することで、適正価格での設置が可能です!

ソーラーパネルの一括査定はこちら>>

スマイスター駐車場経営無料資料請求
大手上場企業はもちろん地域密着の企業が800以上登録しています。

査定を申し込む際に入力する個人情報もプライバシーマークの規定に沿って、しっかり管理しておりますので、安心してご利用できます。

実績に応じた特別報酬や成果条件にも、柔軟に対応していく方向性ですのでお気軽にご相談ください。

登録はこちから>>

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コストパフォーマンスが手頃なコンテナで家を建てて土地活用開始

NO IMAGE

今ブームを呼んでいるコンテナ建築!コンテナで土地活用するコツ

不動産業界で密かにブームを呼んでいるコンテナ倉庫の土地活用

\土地活用したい人必見/コンテナ事業投資は有益な選択肢って本当?

NO IMAGE

遊休地を活用して、コンテナ店舗の土地活用を始めてみませんか?

サラリーマンでも楽に始められる!コンテナに投資する土地活用法

>>土地活用はこちらから