コンテナ収納で効率よく土地活用して不動産収入をゲットする方法

ここ最近巷で需要が高まってきているのが。コンテナ収納です。

普段あまり使わない物を収納したり、スーパーやコンビニ、宅配業社の製品保管庫として、地主達の間でコンテナ収納の不動産投資が人気を呼んでいるのです。

今回はそんなコンテナ収納を活用した土地活用のコツや、他の土地活用法との比較について紹介していきます。

コンテナ収納が稼ぎやすい訳

コンテナ収納が最近不動産業界で需要が高まってきていますが、その理由としては、初期投資費用が安い、稼働率が高いといったことがあげられるようです。

これから下記に賃貸マンションとコンテナ収納の土地活用法を比較した場合の賃料や初期投資費用の違いについて紹介していきます。

賃貸マンションの場合

  • 家賃~5世帯×5万円×12=300万円
  • 初期投資費用~5000万円
  • 初期投資費用の回収率~16年以上

コンテナ収納の場合

  • 賃料~25室×1万5000円×12=375万円
  • 初期投資費用~3000万円
  • 初期投資費用の回収率~8年以上

上記におおよその賃貸マンションとコンテナ収納との土地活用にかかる初期費用や、おおよその賃貸収入、初期投資費用の回収率について解説していきました。

上記の計算はフル回転した場合で計算しているので、空室などが起きた場合にはまた状況が変わってきますが、それでも同じ広さの土地で土地活用した場合に明らかにコンテナ収納の方がお徳だというのがわかります。

コンテナ収納を行う上での注意点

コンテナ収納を行う上で注意しておくべきことを、下記に紹介していきますね。

倉庫による用途制限

コンテナを物を収納するための倉庫として設置する場合には、用地地域といった法令上の制限を受けることになります。

  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域

上記の指定地域では、コンテナ収納のための倉庫を設置することはできません。

建築基準の制限

コンテナをただ並べているだけや2段に積んでいるだけの構造では、強度上の問題が発生し、場合によっては摘発の対象になるので注意が必要です。

コンテナを設置する前に、土地をコンクリートで平らして、しっかりコンテナを固定してから建築申請するようにしましょう。

コンテナ収納として土地活用を始めるのであれば、建築基準法対応型のコンテナを購入するのが安全です。

こういった建築法など法律に関することも、土地活用の専門業社に相談すれば、きちんとしたコンテナを提供してくれます。

コンテナ収納で土地活用を始めようと計画している土地の建築基準についてもじっくり調査してもらえるので、土地活用を始める前にまずは相談するようにして下さい。

コンテナ収納で土地活用を始める際に必要な装備

コンテナ収納で土地活用を始める際にコンテナを設置する以外でも、下記のような装備を揃えておくとよりスムーズに土地活用できます。

荷物の搬送ができるスペースの確保

屋外型のコンテナ収納では、トラックなどで大きな荷物を搬入、搬出できるように駐車スペースを確保しておく必要があります。

もしも駐車スペースがない場合には、荷物の搬入、搬出の際に道路に車を停めないといけなくなります。

道路に車を停めていると、駐車違反となって駐禁のチケットの罰金を支払わないといけなくなるのです。

そうなってくるとせっかく立派なコンテナ収納を設置しても、コンテナを管理してくれる人がいなくなってしまうので、せっかく初期投資費用をかけてチャレンジしたコンテナ収納の土地活用も失敗に終わってしまうので注意しましょう。

照明

無人のコンテナ収納で土地活用をするのであれば、夜間でもコンテナの借主が安全に荷物の搬入、搬出ができるように、照明を取り付けておくことが大事です。

夜暗くなると自動で点灯するタイプの照明器具がおすすめです。

人感知型のセンサーライトも防犯になるので、是非活用してみて下さい。

看板

コンテナ収納の貸し出しが満室であれば問題ないのですが、1基でも空いていたらコンテナ収納の広告の看板を出しましょう。

道路沿いの車からよく見えるような看板を設置して下さい。

もしも自分でコンテナの借主を見つけることが難しいと感じた場合には、土地活用の専門業社に依頼すると、より幅広い宣伝を行ってもらえます。

無人コンテナ収納の防犯面について

屋外といったコンテナ収納で土地活用を始める際に一番心配なのが、防犯面です。

無人のコンテナ収納の防犯面を強化する場合には、防犯カメラを設置すると良いでしょう。

空き巣以外でも災害などで物損事故が起きた時の証拠となるし、防犯カメラが設置されているだけで空き巣防止やいたずら防止にも役立ちます。

防犯カメラも個人で設置する場合と、セキュリティ会社と提携して管理してもらう場合とありますが、セキュリティ会社を雇うとなるとそれなりの経費もかかってくるので、まずは土地活用の専門業社に相談してみて下さい。

土地活用一括査定
NTTグループが運営する、一括資料請求サイト「HOME4U土地活用」
業界最大手!不動産一括査定はHOME4Uを外せません。
土地活用の方法はアパート・マンションだけではありません。
様々な角度から土地の特性を考え検討するには、HOME4Uで資料請求が最善です。
【HOME4Uの特徴】

  1. 大手不動産会社と地元不動産会社の2つの視点でプランを比較
  2. 悪徳業者を徹底排除している
  3. 60秒で最大7社分の資料請求が可能!
  4. ご存知NTTグループが運営で安心

運営元もNTTグループで信頼があり、あなたの個人情報を確実に保護します。

もちろん完全無料で利用できるので、今すぐ資料請求を!

>>HOME4Uはこちらから

 

土地活用の無料プラン比較【イエカレ】
アパート経営マンション経営などをお考えの方に、土地活用プランを完全無料で一括比較。

複数の業者を一括で比較できるので、よりお得なプランを検討できます!

 

1億の資産作りませんか?

 

完全無料の一括査定はこちらから>>

 

グリーンエネルギーナビ太陽光発電の無料一括見積もり
近年、土地活用で注目されているソーラーパネルの一括見積もりです。
山林などを持て余している方は必見!産業用太陽光発電の一括見積もりができるサイト「グリーンエネルギーナビ産業用
産業用太陽光発電は発電した電力を固定の金額で売ることができ、その買取期間が20年と長く保証されていることから、注目されています。リスクも低く、投資対象としても非常に注目度が高まっております。「グリーンエネルギーナビ産業用」の特徴は、独自の基準で選定した、
全国の信頼できる会社から複数見積もりを無料でとれることです。複数社からの見積もりを比較することで、適正価格での設置が可能です!

ソーラーパネルの一括査定はこちら>>

スマイスター駐車場経営無料資料請求
大手上場企業はもちろん地域密着の企業が800以上登録しています。

査定を申し込む際に入力する個人情報もプライバシーマークの規定に沿って、しっかり管理しておりますので、安心してご利用できます。

実績に応じた特別報酬や成果条件にも、柔軟に対応していく方向性ですのでお気軽にご相談ください。

登録はこちから>>

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンテナ車庫って需要が高い!コンテナ車庫の土地活用法について

\土地活用したい人必見/コンテナ事業投資は有益な選択肢って本当?

不動産業界で密かにブームを呼んでいるコンテナ倉庫の土地活用

コンテナで土地活用を始める前に知っておきたい固定資産税のこと!

NO IMAGE

遊休地を活用して、コンテナ店舗の土地活用を始めてみませんか?

サラリーマンでも楽に始められる!コンテナに投資する土地活用法

>>土地活用はこちらから