土地を相続するためには評価額の算出をすること!評価額算出法について

遺産相続の際に、貯金や株式と違って一番分割しずらいのが土地です。

特に都心部など路線価の土地の評価額が高額な地域では、一区画の土地の相続処理を進めていくのも大変そうです。

一区画の土地の相続に対して相続人が複数いる場合には、特に分割していくことが難しいでしょう。

今回は、土地の相続処理を迅速に進めていくために、まず最初にしなければいけない土地の評価額の算出について解説していきます。

土地の評価額の算出方法は複数ある

土地の評価額を算出するといっても、その方法は複数あります。

これから下記に土地の評価額算出方法について、一つずつ紹介していきますね。

売買取引時価

公示価格

公示価格は、国土交通省の土地鑑定委員会が決定します。

毎年1月1日が基準日となるので、祖父が亡くなった時に相続した土地の公示価格と父が亡くなった時に相続した土地の公示価格は、同一ではないといった点を注意しておいて下さい。

公示価格は他にも、公共事業用地として土地の評価額を算出する際に使用する都道府県基準地価があります。

路線価(相続税の評価額)

国税庁が示している路線価を基本として、算出していきます。

・一平方メートル辺りの路線価×面積=評価額

・その土地が道路に面している正面路線価×奥行価格補正率×面積

固定資産税評価額

倍率方式

路線価が表示されていない土地の場合には、固定資産税の評価額に国税庁で定められているその土地の倍率をかけて評価額を算出していきます。

路線価や評価倍率は国税庁のホームページに掲載されています。

現金を相続するよりも不動産を相続した方が節税になる?

土地を相続する際に路線価や固定資産税の評価額によって、その土地の価値を算出していけます。

相続の際に計算する土地の評価額は、実際に不動産取引によって売買する実勢価格よりは少ない額の評価が算出されます。

そういった点を考慮してみると、現金で遺産を相続するよりは土地活用として活かせる土地を相続した方が相続税の節税になります。

相続した土地の上に自宅を建てて住んでいるといった風に、自分のために土地を使用している場合と違って、定期借地として第三者に貸し出している土地は、相続した際に借地権が設定されている関係で土地を自由に売買できません。

それで自宅用の土地よりも2割から3割ほど低く評価されます。

そう考えてみると被相続者は少しでも残された遺族に多くの遺産を相続させたいと願うのであれば、相続税の節税対策として生前に土地活用をしておくのが賢い選択肢かもしれません。

このような土地の相続に関わる土地の評価額や相続税の算出も、土地活用の専門業社に依頼してシュミレーションしてもらうと、一番良い遺産の残し方についてプレゼンテーションしてもらえるでしょう。

土地の相続の問題も被相続者が亡くなってから慌てて行うよりは、生前にしっかり話し合っておいてから一番相続税がかからない方法を考えていくことが大切ですね。

路線価の評価額の注意点

現金よりは土地を残した方が相続税が安くなるとは、一概にはいえないこともあります。

それは路線価はその年の土地の売買取引価格によって変動するので、場合によっては、その年の不動産売買取引の時価よりは路線価の方が高くなってしまうこともあるからです。

この場合に土地の上にアパートやマンションなど賃貸物件を建てていた場合には、2割から3割り程土地の評価額も安くなります。

もしも残された遺族のために土地にかかる相続税や税金を少しでも安く抑えておきたいと願うのであれば、賃貸アパートやマンションといった土地活用をしておくと良いかもしれません。

土地の相続の評価額の算出や、相続税の節税におすすめの土地活用プランについての相談などは、土地活用の専門業社に依頼するとより節税できるプランをプレゼンテーションしてもらえるでしょう。

相続する土地の評価額を土地活用の専門業社に依頼するメリット

相続する土地の評価額の算出方法も上記で説明したように、様々な方法があります。

ここで相続人が自分達で相続する土地の評価額を土地活用の専門業社に依頼するメリットとしては、路線価や公示価格、不動産売買取引評価額、倍率方式と様々な方法があります。

同じ土地でもそれぞれの算出方法で土地の評価額が違ってくるので、もしも遺産を現金と土地、株式といった風に分割して分ける際に、土地の評価額があいまいだと後でもめる原因となってしまいます。

素人では相続する土地の評価額の算出処理も難しいので、こういった時には土地活用の専門業社といった第三者に任せるのがおすすめです。

プロの第三者を間に入れておくと、土地を含めた遺産分割の処理もスムーズに済ませることができます。

土地の相続に関する専門的な知識がないばかりに、土地の評価額の問題で親族同士がもめてしまっては大変です。

遺産相続でもめて親類の縁を切ってしまったという家庭もあるようなので、そういったトラブルに巻き込まれないためにも、早めに土地活用の専門業社に土地を相続する際の評価額について相談しておいて下さい

土地活用一括査定
NTTグループが運営する、一括資料請求サイト「HOME4U土地活用」
業界最大手!不動産一括査定はHOME4Uを外せません。
土地活用の方法はアパート・マンションだけではありません。
様々な角度から土地の特性を考え検討するには、HOME4Uで資料請求が最善です。
【HOME4Uの特徴】

  1. 大手不動産会社と地元不動産会社の2つの視点でプランを比較
  2. 悪徳業者を徹底排除している
  3. 60秒で最大7社分の資料請求が可能!
  4. ご存知NTTグループが運営で安心

運営元もNTTグループで信頼があり、あなたの個人情報を確実に保護します。

もちろん完全無料で利用できるので、今すぐ資料請求を!

>>HOME4Uはこちらから

 

土地活用の無料プラン比較【イエカレ】
アパート経営マンション経営などをお考えの方に、土地活用プランを完全無料で一括比較。

複数の業者を一括で比較できるので、よりお得なプランを検討できます!

 

1億の資産作りませんか?

 

完全無料の一括査定はこちらから>>

 

グリーンエネルギーナビ太陽光発電の無料一括見積もり
近年、土地活用で注目されているソーラーパネルの一括見積もりです。
山林などを持て余している方は必見!産業用太陽光発電の一括見積もりができるサイト「グリーンエネルギーナビ産業用
産業用太陽光発電は発電した電力を固定の金額で売ることができ、その買取期間が20年と長く保証されていることから、注目されています。リスクも低く、投資対象としても非常に注目度が高まっております。「グリーンエネルギーナビ産業用」の特徴は、独自の基準で選定した、
全国の信頼できる会社から複数見積もりを無料でとれることです。複数社からの見積もりを比較することで、適正価格での設置が可能です!

ソーラーパネルの一括査定はこちら>>

スマイスター駐車場経営無料資料請求
大手上場企業はもちろん地域密着の企業が800以上登録しています。

査定を申し込む際に入力する個人情報もプライバシーマークの規定に沿って、しっかり管理しておりますので、安心してご利用できます。

実績に応じた特別報酬や成果条件にも、柔軟に対応していく方向性ですのでお気軽にご相談ください。

登録はこちから>>

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

土地活用で相続税対策を!!わかりにくい仕組みと対策を徹底解説!!

土地を相続した時は税金がかかる!税計算のための評価額とは?

土地活用で駐車場を経営する場合の税金に関する基礎知識

土地を相続すると意外と費用がかかる!相続手続きに必要は費用とは?

土地を相続するにはどれだけ現金が必要?相続にかかる税金の計算方法

土地を相続するためには評価額を算出すること!土地の評価方法について

>>土地活用はこちらから