土地を相続するためには評価額を算出すること!土地の評価方法について

親や配偶者が亡くなってから遺産整理に追われている方にとって、土地の相続問題は、一番頭を悩ませる要因です。

それは土地の場合は、お金や株券と違って、数人の相続人で分配するのが非常に難しいからです。

今回は、そんな土地の相続の問題を早期解消するために、土地相続の評価方法について解説していきます。

土地を相続する経験は、一生のうちに何度も訪れるものではありません。 土地の存在を知っていたら、準備をしておくことも必要な手続きを調べておく...

土地の相続に評価額が必要なのは何故?

遺産を相続する場合には、いろいろな種類があります。

例をあげていくと下記のようになります。

  • 貯金
  • 生命保険
  • 株式など有価証券

この中で貯金や生命保険、株式など有価証券は、お金に換えて1円単位でも相続人で分配することができるのです。

しかし、土地の場合には狭い土地を数人で分けるとなると、かなり小さな土地になってしまい、相続したとしても土地が小さすぎるといった理由で、後々土地活用できないといったトラブルも生じてきます。

大切な家族が亡くなり、悲しみが癒える前に残された家族はしなくてはいけないことがたくさんあります。 その中のひとつが、遺産の分配と諸手続きで...

そんなトラブルを避けるためにも、土地を細かく削って分けるよりは、土地を相続人で共同名義にしたり、土地の評価額を算定すると良いです。

相続人のうちの一人がその土地を相続するために、土地を全ての相続人達で分けた場合に生じる一人分の土地に相当する金額を、残りの相続人に支払っていくといった方法を取る相続方法を選択するのがベストな場合が多いです。

親が亡くなり遺産を相続する時、相続人である子供たちが骨肉の争いをするというのは、ドラマの中だけと思っていませんか? 土地や家は、現金と違い...

相続人みんなに相続する権利のある分割した土地の値段と同格の金額を分配するためには、土地の評価額をきちんと算出することが大切なので、土地活用の専門業社に依頼して評価額を算出してもらいましょう。

相続した土地の評価方法の原則

原則として相続した土地(不動産)の評価方法は、非相続者が死亡した日の時価で評価されます。

不動産は時期によって時価が変化してくるので、このように土地の評価額を決める際の基準日が必要となってくるのです。

親や配偶者が亡くなってから遺産整理に追われている方にとって、土地の相続問題は、一番頭を悩ませる要因です。 それは土地の場合は、お金や株券と...

相続の手続きは非常に時間がかかるので、被相続者が死亡してから数ヶ月経過した時では、死亡日と土地の評価額が変わってきている可能性があります。

土地の評価額も千円単位で算出していくことが可能なので、相続する際に基準価格がぶれないためにも被相続者の死亡日を基準日と定めているのです。

相続の際の土地の評価額は実際に土地を売買する時の相場と異なる

相続の際に土地の評価額を求める場合には、実際のその土地を売買する時の評価額とは異なるので注意が必要です。

賃貸用の土地の方が評価額は低い

もしも相続した土地を賃貸として誰かに貸し出していた場合には、評価額は低くなります。

定期借地権によって他人に貸した不動産は簡単に売買できないので、借地権や借家権に相当する金額を土地の評価額から差し引くことになるのです。

遺産相続をすると費用がかかるのはご存知ですか? 現金の場合は、それほどかかりませんが、土地の場合は手続きの時にかなりの書類が必要になります...

国税庁のホームページには、財産評価基準書といって土地ごとの借地権割合が記載されているので、それを参考にして算出していくと良いでしょう。

このように単純に相続した土地の評価額を算出するといっても、土地それぞれ条件が微妙に異なっていて、自分が相続する土地がどのような基準を満たしているのか?といったことを把握しておかないといけません。

相続した土地の評価額の算出作業も、慣れていない素人が行うと間違う場合も多いので、土地活用の専門業社に依頼しながら算出してもらうとスムーズに処理できます。

土地の評価額の算定方法

土地活用と一言で言っても様々な方法があります。 いざ土地活用を始めようと思っても、どのような活用法を選べばいいのか、どうやって始めればいい...

土地を評価する方法としては、道路に面している土地であれば、路線価方式によって評価額を算出していきます。

もしも路線価のない土地は、固定資産税評価額を元にした倍率方式によって算出していきます。

それぞれわかりやすく下記に解説していきますね。

路線方式

その土地が面している路線(道路)を区切りとして、国税庁が定めている路線価を元にして評価額を算出していく方法です。

路線価図によって1㎡あたりの価額を知ることができます。

角地や二方道路、三方道路、不整計地、間口が狭い宅地といった特殊な土地は、特別な補正をいれます。

路線価方法による土地の評価方法は、下記のようになります。

  • 評価額=路線価×宅地面積(㎡)×補正率

倍率方式

倍率方式での土地の評価額の求める時には、固定資産税評価額に国税庁の定める一定の倍率をかけて算出します。

倍率は国税庁の評価倍率表に掲載されているので、それを参考にして下さい。

倍率方式は、路線価が定められていない地域の土地の評価額を算出する際に活用します。

計算式は下記のようになります。

  • 宅地の固定資産税評価額(3年に1度改正)×国税局長が地域毎に定める倍率(毎年改定)=評価額

土地の評価額が減額される事例

宅地を評価する場合に、被相続人と生計を共にしていた配偶者や親族が相続する場合には小規模宅地等の特例が適用されます。

例えば、被相続人の宅地を配偶者が相続した場合には、特定移住用宅地に該当するので330㎡までは80%引きになります。

小規模宅地等の特例の適用を希望するのであれば、相続税の申告期限までに宅地の遺産分割処理を済ませておく必要があります。

土地の評価額を算出したり、宅地の遺産分割処理などは素人では難しい場合もあるので、土地活用の専門業社に依頼しておくとスムーズに処理してもらえるので、一度じっくり相談してみて下さいね。

土地活用一括査定
NTTグループが運営する、一括資料請求サイト「HOME4U土地活用」
業界最大手!不動産一括査定はHOME4Uを外せません。
土地活用の方法はアパート・マンションだけではありません。
様々な角度から土地の特性を考え検討するには、HOME4Uで資料請求が最善です。
【HOME4Uの特徴】

  1. 大手不動産会社と地元不動産会社の2つの視点でプランを比較
  2. 悪徳業者を徹底排除している
  3. 60秒で最大7社分の資料請求が可能!
  4. ご存知NTTグループが運営で安心

運営元もNTTグループで信頼があり、あなたの個人情報を確実に保護します。

もちろん完全無料で利用できるので、今すぐ資料請求を!

>>HOME4Uはこちらから

 

土地活用の無料プラン比較【イエカレ】
アパート経営マンション経営などをお考えの方に、土地活用プランを完全無料で一括比較。

複数の業者を一括で比較できるので、よりお得なプランを検討できます!

 

1億の資産作りませんか?

 

完全無料の一括査定はこちらから>>

 

グリーンエネルギーナビ太陽光発電の無料一括見積もり
近年、土地活用で注目されているソーラーパネルの一括見積もりです。
山林などを持て余している方は必見!産業用太陽光発電の一括見積もりができるサイト「グリーンエネルギーナビ産業用
産業用太陽光発電は発電した電力を固定の金額で売ることができ、その買取期間が20年と長く保証されていることから、注目されています。リスクも低く、投資対象としても非常に注目度が高まっております。「グリーンエネルギーナビ産業用」の特徴は、独自の基準で選定した、
全国の信頼できる会社から複数見積もりを無料でとれることです。複数社からの見積もりを比較することで、適正価格での設置が可能です!

ソーラーパネルの一括査定はこちら>>

スマイスター駐車場経営無料資料請求
大手上場企業はもちろん地域密着の企業が800以上登録しています。

査定を申し込む際に入力する個人情報もプライバシーマークの規定に沿って、しっかり管理しておりますので、安心してご利用できます。

実績に応じた特別報酬や成果条件にも、柔軟に対応していく方向性ですのでお気軽にご相談ください。

登録はこちから>>

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

土地を相続するにはどれだけ現金が必要?相続にかかる税金の計算方法

土地活用で相続税対策を!!わかりにくい仕組みと対策を徹底解説!!

土地の相続で非課税となるのはどんな場合?知っておきたい相続手続き

土地活用で駐車場を経営する場合の税金に関する基礎知識

NO IMAGE

土地を相続するためには評価額の算出をすること!評価額算出法について

土地の相続の際に不動産取得税ってかかるの?知っておきたい相続の知識

>>土地活用はこちらから