土地を相続するにはどれだけ現金が必要?相続にかかる税金の計算方法

遺産を相続すると、相続税がかかります。

このことは知っている人が多いと思います。

預貯金などの現金であればわかりやすいのですが、土地の場合は価値がわかりにくいため、税の計算も自分ではしにくい場合もあります。

相続税の基礎控除額が2015年1月1日から変更になり、控除される金額が下がりました。それに伴い、支払う税金が高くなっているのです。

できれば税金は少ない方が良い、手元に残るものを増やしたいと思いますよね。土地の評価によって税金は変わってきますので、正しい計算をして税金支払いの準備をしておきましょう。

土地を相続する経験は、一生のうちに何度も訪れるものではありません。 土地の存在を知っていたら、準備をしておくことも必要な手続きを調べておく...

土地を相続する時にかかる税金

遺産を相続すると、相続税がかかります。 このことは知っている人が多いと思います。 預貯金などの現金であればわかりやすいのですが、土地...

相続に関する税金には、手続きの段階で発生する登録免許税があります。

土地を相続すると、登記簿の登録内容を変更する必要があります。新しく登記する時にかかるのが、登録免許税です。

固定資産税評価額×0.4

この計算式に当てはめて税額を算出し、相続登記申請書に印紙を貼ることで納税をします。

例えば、1,000万円の土地の場合は4万円が、3,000万円の土地の場合は12万円が登録免許税の金額になります。

現在マンションオーナーとして順調の経営が進んでいるあなた。 今のままでも十分に有効な土地活用ができていると思いますが、 ある一定以上の利...

土地を相続した後にかかる税金

両親や配偶者が亡くなって落ち着いたらまず始めないといけない処理が、遺産の相続です。 土地の相続登記の方法も、相続人が複数いた場合には土地を...

土地を相続することが決定した後にかかってくる税金には、相続税と固定資産税があります。

相続税

相続税対策には土地活用をするのが良いとよく言われていますが、税制や土地活用についての知識が無ければ何のことかよくわかりませんよね。 実際の...

遺産を相続すると、相続税がかかるというのは、ご存知の方が多いと思います。しかし、相続した全員が相続税を支払わなければいけないことではありません。

相続した遺産金額が基礎控除額より上回った場合に、上回った金額に対して税金を支払うことになります。基礎控除額内であれば、相続税は発生しませんので、支払う必要はないのです。

法改正により、平成27年1月1日以降、相続税の税率が変更されました。 大きな特徴の一つとして最大税率が50パーセントから55パーセントに引...

基礎控除とは?

親や配偶者が亡くなってから遺産整理に追われている方にとって、土地の相続問題は、一番頭を悩ませる要因です。 それは土地の場合は、お金や株券と...

基礎控除額は2015年から計算方法が変更になり、それ以前よりも控除額が少なくなりました。

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

この計算式で基礎控除額を計算します。
法定相続人がひとりの場合は3,600万円が、2人の場合は4,200万円が基礎控除額になります。

土地を相続した時は、土地の評価額がこの基礎控除額を超えるかどうかで、税金がかかる場合とかからない場合に分かれます。

親や配偶者が亡くなった時に、自分が土地を相続することになったけれど、手続きが面倒、もしくはよくわからないからとほったらかしにしていたら、後で大変...

土地評価額とは?

2月は確定申告の季節ですね。 去年汗水流して働いたお金を国庫に納めるために税理士さんに頼んだり、自分でパソコンを使ったりします。 金額が...

土地評価額の計算は、路線価方式と倍率方式の2つの方法があります。

都市部や住宅地にあるような土地では路線価方式を、山林や農地は倍率方式を使って計算をします。

ここでは都市部の土地を相続した場合に使われる、路線価方式についてご紹介します。

土地評価額=路線価×面積×補正率

これで評価額を算出します。

路線価とは、1㎡当たりの土地価格になります。これは各市町村で毎年公表されますので、土地のある自治体に問い合わせをすることでわかります。

親や配偶者などが亡くなって土地を相続することになったけれど、どのように相続登記処理を進めていけばいいのかわからない、といった方がほとんどでしょう...

面積は、登記簿や固定資産税課税証明書で確認をすることができます。

土地の形がいびつな場合などには、国で定められた補正率を乗じて評価額を計算します。この補正率が高ければ土地は活用用途が限られると推測され、土地評価額は下がってしまいます。
補正率は国税庁のHPで確認することができます。

土地の相続税は、土地評価額から基礎控除額を引いた金額にかかります。土地を相続する場合は、この土地評価額によって税金が変わってきますので、正確に計算をすることが必要です。

親や配偶者が亡くなった時に、自分が土地を相続することになったけれど、手続きが面倒、もしくはよくわからないからとほったらかしにしていたら、後で大変...

固定資産税

相続などで土地を所有することになった場合、良い活用方法が無いかと考えるものです。 土地というものは、何も活用せずに所有しているだけで、税金...

固定資産税は、土地を相続した翌年から支払う必要があります。

固定資産税=固定資産税評価額×標準税率1.4%

この計算式で算出されます。
固定資産税の指標になるのが固定資産税評価額で、地価公示価格の70%に相当します。
固定資産評価額は、3年に1度見直しを行っており、各市町村や固定資産税納税通知書で確認をすることができます。

標準税率は1.4%で計算する自治体が多いのですが、この税率は各自治体で自由に決めることがでます。土地のある地域によっては違う税率で計算をする場合もありますので、確認をしておくと良いですね。

相続などで土地を所有することになった場合、突然のことでどうしたらいいのかと悩んでしまいますよね。 自分に持家があったりすると、その土地に住...

税金は現金で支払う!?

遺産相続をすると費用がかかるのはご存知ですか? 現金の場合は、それほどかかりませんが、土地の場合は手続きの時にかなりの書類が必要になります...
登録免許税は印紙で支払いますが、相続税と固定資産税は現金での納税が基本です。

相続税に関しては、10カ月以内に納税しなくてはいけないという期限が決まっています。

現金以外の相続財産が多い場合で、相続税がかかる場合は現金の準備をしなくてはいけないことになります。
目に見えない金額だけに、早めに計算をしておいたほうが準備期間も取れますので安心ですね。

相続放棄という言葉を聞いたことのある人もいると思います。自分には関係ないと思っていませんか? 家族が亡くなり、遺産相続の権利があるとしても...

固定資産税は、4月~6月の間に納税に関する通知が来ます。相続する前とそれほど金額が大きく変わることがありませんので、予め確認をしておくと良いでしょう。

固定資産税の納付期限は、自治体で決めて良いことになっています。ほとんどの自治体では4期にわけて支払うようになっています。

今所有している遊休地や家を活かしていきながら、コンスタンスな不動産収入が得たいと願っている方へ。 リースバックってシステム知ってますか? ...

土地の正確な価値を計算する必要性

いかがでしょうか。
土地を相続することで、大きく3つの税金がかかってきます。

土地というはっきりした価値がわからないものの税金は、想像しにくく実際に計算をして驚く金額になったということもあります。

土地の評価額などは自分で調べることもできますし、登記などの手続きも自分ですることができます。
ですが、準備しなくてはいけない書類がたくさんあり、複数の窓口に行って手続きをするのは手間がかかります。

まずは無料の資料請求をして、自分の土地の本当の価値を知るところから初めて見ませんか?

また、資料請求をすることによって自分の所有している土地には、どのような土地活用が向いているのか知ることができます。

簡単な入力であなたの土地の価値が知ることができます。
インターネットのサービスを最大活用して、計画性のある土地活用をしましょう!

 

土地活用一括査定
NTTグループが運営する、一括資料請求サイト「HOME4U土地活用」
業界最大手!不動産一括査定はHOME4Uを外せません。
土地活用の方法はアパート・マンションだけではありません。
様々な角度から土地の特性を考え検討するには、HOME4Uで資料請求が最善です。
【HOME4Uの特徴】

  1. 大手不動産会社と地元不動産会社の2つの視点でプランを比較
  2. 悪徳業者を徹底排除している
  3. 60秒で最大7社分の資料請求が可能!
  4. ご存知NTTグループが運営で安心

運営元もNTTグループで信頼があり、あなたの個人情報を確実に保護します。

もちろん完全無料で利用できるので、今すぐ資料請求を!

>>HOME4Uはこちらから

 

土地活用の無料プラン比較【イエカレ】
アパート経営マンション経営などをお考えの方に、土地活用プランを完全無料で一括比較。

複数の業者を一括で比較できるので、よりお得なプランを検討できます!

 

1億の資産作りませんか?

 

完全無料の一括査定はこちらから>>

 

グリーンエネルギーナビ太陽光発電の無料一括見積もり
近年、土地活用で注目されているソーラーパネルの一括見積もりです。
山林などを持て余している方は必見!産業用太陽光発電の一括見積もりができるサイト「グリーンエネルギーナビ産業用
産業用太陽光発電は発電した電力を固定の金額で売ることができ、その買取期間が20年と長く保証されていることから、注目されています。リスクも低く、投資対象としても非常に注目度が高まっております。「グリーンエネルギーナビ産業用」の特徴は、独自の基準で選定した、
全国の信頼できる会社から複数見積もりを無料でとれることです。複数社からの見積もりを比較することで、適正価格での設置が可能です!

ソーラーパネルの一括査定はこちら>>

スマイスター駐車場経営無料資料請求
大手上場企業はもちろん地域密着の企業が800以上登録しています。

査定を申し込む際に入力する個人情報もプライバシーマークの規定に沿って、しっかり管理しておりますので、安心してご利用できます。

実績に応じた特別報酬や成果条件にも、柔軟に対応していく方向性ですのでお気軽にご相談ください。

登録はこちから>>

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

土地の相続で非課税となるのはどんな場合?知っておきたい相続手続き

土地の相続の際に不動産取得税ってかかるの?知っておきたい相続の知識

土地活用で相続税対策を!!わかりにくい仕組みと対策を徹底解説!!

土地を相続するためには評価額を算出すること!土地の評価方法について

土地を相続すると意外と費用がかかる!相続手続きに必要は費用とは?

土地活用で駐車場を経営する場合の税金に関する基礎知識

>>土地活用はこちらから